えがお絵Nanairo ナナイロ 似顔絵*雑貨

えがお絵Nanairo Saccoさんのつれづれブログ

ナナイロに輝く「えがお」の贈りもの。水彩色鉛筆でイラストを描いています。 ぬりえイベント情報やハンドメイドHowToなど

201.婚期が遅れる!? ひな飾りを早めに片付ける由来

今日は桃の節句、ひな祭りですね(*^_^*)

ひな人形はばっちり飾っていますかー?
お祭りが終わったらすぐに片づけてくださいね!
お嫁に行けなくなっちゃいますよー!

と、よく言われていますが何故なのでしょうか?
ひな人形

そもそもひな祭りとは?
ひな祭りの起源については複数あるようですが、
平安時代の京都で始まったお人形遊び(ひいな遊び)という遊びごとがありました。
一方では、同時代に川へ紙で作った人形を流す「流し雛」の風習がありました。

これら「人形遊び」と「節句の儀式」が江戸時代頃に結びついたのが、現在の「ひな祭り」です。

その後、宮中の雅びな装束を再現した有職(ゆうそく)雛から、豪華な御殿のひな飾りの古今雛へと移り変わり、
官女・随身・仕丁などの添え人形が一緒になった段飾りが主流となっていきます。
ひな人形を「その子の一生の災厄をこの人形に身代りさせる形代」と考える意味と、飾り物としての形式で、身分の高い女性の嫁入り道具のひとつに数えられるようにもなりました。

そういった背景から、時代を重ねる毎に華美で贅沢なものになっていったのです。
この風習からひな人形はお嫁さんの実家から贈るのが一般的になっていったのですね(*^_^*)
ひな人形は家族や家系の繋がりを大事にしてくれるアイテムなのかもしれません。

そんな豪華なひな飾りを早く片付けるなんてもったいないという気もしますが、
ひな人形を飾っていた旧暦の3月は現在の4月頃であり、梅雨も間近であるために、
人形や装飾品に虫喰いやカビが生えるという現実的な理由もあるようです。

ただ多く聞く話しでは、
「春の飾りものをいつもでも飾って片づけの出来ない娘はだらしなく嫁の貰い手も現れない」という
しつけの意味で年長者からの戒めの気持ちが込められている様です。
娘を大事に思うが故にの風習なんですね(´∀`)

すこやかで優しい女性に育つようにとの親の願いが込められたひな人形。
災いがふりかかりませんように、よい結婚に恵まれますように、幸福でありますように。
優しい愛情のつまった形は、やはり愛情の形として飾るときも片付ける時もあたたかい思いが込められています。

by カエレバ


ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、励みになります↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント