えがお絵Nanairo Saccoさんのつれづれブログ

ナナイロに輝く「えがお」の贈りもの。水彩色鉛筆でイラストを描いています。 ぬりえイベント情報やハンドメイドHowToなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

276.イチジクジャムで自分好みの秋スイーツを作ってみた

こんにちは(*^_^*)
ここのところ雨続きですね。。
梅雨前に新調した乾燥機付き洗濯機に
助けられているSacco家です。

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の梅宮です今日のテーマは「好きな秋の味覚は?」です朝夕はめっきり冷え込むようになり、日に日に寒くなってまいりますね梅宮は寒いのが苦手なので気分が憂鬱にならないように食べ物が美味しくなる味覚のという事で、旬の美味しいものを食べまくろうと気分を盛り上げています
FC2 トラックバックテーマ:「好きな秋の味覚は?」


秋に旬を迎えるものはたくさんありますが、
私の好きな秋の味覚は何だろう?
うーむ。

秋刀魚もいいけど、
一番は「イチジク」かな!

子どもの頃から食べる機会はありましたが、
特にイチジク好きになったのは、
10年前くらいに神戸のケーキ屋さんア・ラ・カンパーニュで
おススメだった「イチジクのタルト」を食べてから。
神戸発祥のケーキ・タルト、a la campagne(ア・ラ・カンパーニュ)

甘いものが得意じゃない私が好きなスイーツが、
チーズケーキとフルーツタルト。
そのイチジクタルトは、フレッシュなイチジクがたっぷり乗っていて、
クリームも少なめで、とくにタルト生地がわたし好みでした。
すんごい硬かったんです。
フォークとナイフがついてきたのですが、ナイフで切ったらその勢いで
お皿まで割れてしまうんじゃないかと心配するくらいカチカチ!!
切れたら切れたで、けっこうぼろぼろして食べにくい。
クリームが接着剤代わりになって何とか食べられましたが(笑)
クレームに聞こえるかもしれませんが、食感も味もわたし好みで
とにかくすんごいおいしかった!!

その後そのお店で他のタルトも食べてみたけど、
その日のイチジクタルトほど生地が硬くなくてクリームもわりと入っていたので、
それからはもっぱらチーズケーキを食べるようになりました。
あの日たまたまあんな硬さだったのかしら…

あのカチカチタルト。
もう一回食べたいなぁ。

先日さとやまでイチジクを採らせてもらって、
はちみつを少しだけ入れて甘さ控えめのジャムを作りました。
イチジクジャム
果肉のフレッシュさも残っているし、タルトにちょうどいいかも!
自分でつくってみようかな?

しかし、ここで問題が。
私はお菓子作りが苦手( ノД`)

いろいろ分量測ったり、時間測ったり、型に入れたりがなんだかわずらわしくて…
中学の時にクッキー作りにハマった時期もありましたが、
マイブームは去り、いまは製菓器具が実家の棚に眠っています…

そこで私は考えました。
タルトというより、あれはほぼ硬めのクッキーみたいなものだったから、
クッキーにジャムつけて食べればいんじゃない?

と、いうことでやってみました。
イチジクジャムのお菓子

店員さんに硬めのを選んでもらったけど、
サクサクだった…
おいしいんだけど、私が求めているのはそこじゃないんです(T_T)

カチカチのクッキーがいいんです。
お菓子作りの苦手な中学生の私が作ったような、
あのカチカチのクッキーがいいんです。

もう、作るしかないのね。
ということで、硬いタルト生地で検索して作ってみることにしました。
ハードな食感*タルト生地 by 小春mama
タルト型もオーブンもないので、
アルミホイルに一口大にカットした生地を並べて、
トースターで焼いてみました。
イチジクジャムのお菓子
途中、トースターのなかをのぞいてみたら、
生地がバターの海に溺れてブクブクしていました。
恐怖!!
少し冷ましたら、ブクブクが落ち着いてホッ。
イチジクジャムのお菓子
恐る恐る食べてみたら、まぁまぁの出来でしたが、
なんかちょっとしつこかったし、そんなに硬くなかったです。
バターが多かったのかしら?
トースターじゃ温度が低かったのかも。
理想のものが思いつきで仕上がるほど、
お菓子作りは甘くないということですね(゚∀゚)

ジャムがあるうちに頑張ってクッキーも試してみようと思います。


ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、励みになります↓↓
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。